続・なんとなくの1日

俺のヒーローは誰だ。 日はまた昇るのか。

二十八光年の希望

二十八光年の希望

日本人初の「三つ星シェフ」を夢見てパリのレストランで働くハナ。天使のような笑顔で、仕事を、恋を、人生を楽しんでいた。そんなハナと、「将軍」と畏怖され、家族も顧みずに三つ星獲得をめざす総料理長ジェロームが恋におちるとは―。障碍をのりこえ、全身全霊でお互いを愛するふたり。しかし、思いがけない残酷な運命がハナを襲う…。愛の持つ無限の力を描く傑作長編。


読み終わった

涙が出てきたよ

少しね


俺が気に入った文章が2ヶ所あったのを
憶えてるけど
その文が思い出せない
もう一回読んで見つけられるかどうか


「二十八光年の希望」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
新太陽系 (2006/08/25)
修学旅行に備えて (2006/09/09)
SHOGO HAMADA (2006/08/17)

 | HOME | 

Appendix

nori

nori

   MAN
2月2日 水瓶座
   A型
MISATO人(KOGOTA原人)

過去の俺
なんとなくの1日
なんとなくの1日(初代)




DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

mixiやってます!

Monthly

Categories

Calendar

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks